ウェイクボード&サーフィンのブログ

2019年4月7日

海洋生物を守るためにもゴミのポイ捨てをするな

Filed under: 未分類 — タグ: , , , , — user013 @ 4:02 PM

スターバックスやPRONTO(プロント)などのファーストフードで使われているストローやカップなどが将来的に廃止になる予定です。

スターバックスやPRONTOだけに限らず、マクドナルドやモスバーガー、ミスタードーナツにも該当し、今はまだ該当対象になっていない業界も将来的にはどうなるかがわかりません。

www.loplass.com-2

ストローやカップが廃止になるのは、プラスティックゴミが原因です。

プラスティックゴミが海などの海洋生物に悪影響をあたえ、さらには生態系を壊しているのです。

プラスティックゴミと海が結びつかないヒトも多いのではないでしょうか。

プラスティックゴミが海洋生物の生態系に悪影響を与えているのです。

プラスティックゴミをキチンと捨てずに、海や川に捨てているコトで海洋生物が誤って誤飲しているからです。

海洋生物が誤ってプラスティックゴミを誤飲してしまって死んでしまうケースが年々増加しているのです。

プラスティックゴミが増えたのは、コンビニがたくさんできたことではないでしょうか。

正確にはコンビ二ができたことによりゴミをポイ捨てするヒトや量が増えたということです。

海や川に遊びに行く時にコンビニによって、ドリンクやスナック菓子を購入して、帰る時にゴミをキチンと持って帰っていますか?

www.loplass.com-1

他の人が捨てたゴミがあった時に自分たちも他の人が捨てているから捨ててしまえって思って捨てていませんか?

そのゴミが海から沖に流されて行って、海洋生物がエサと勘違いをして食べてしまい消化ができずに死んでしまう。

プラスティックゴミを食べた海洋生物を他の海洋生物が食物連鎖で食べてしまうことも珍しくありません。

さらにゴミを海や川に捨てると言うことは、海や川を汚してしまうことになるのです。

www.loplass.com-3

プラスティックゴミは石油から作られています。

決して体に良いものではないのです。

捨てたプラスティックゴミが時間をかけて海や川を汚してしまうのです。

海や川が汚れてしまったことで、そこで生きていた生物たちが死んでしまうのです。

生物の中には、キレイな川や海が条件みたいな生物もいます。

しかしポイ捨てしたプラスティックゴミが原因で、それらの生活場所を奪ってしまうのです。

その結果、汚れてしまったエリアでは生きていくことができなくなり、他の場所に移動するか全滅するしかないのです。

プラスティックゴミの深刻さは海だけには限りません。

日本では、奈良公園の鹿がプラスティックゴミを誤って食べることで亡くなるケースが増えています。

奈良公園の場合、鹿がカバンからプラスティック製品を引っぱり出して食べちゃうなんてコトもあり、全てが人間のせいではありませんが、これはこれで深刻な問題でもあるのです。

人間は自分たちの生活を向上させるために自然破壊を行い、自然の生き物の場所を奪っていきました。

人間が自然と共存することを重要視せずに好き勝手やってきた結果でしかないのです。

今さらプラスティックゴミを廃止して海洋生物を守ることができるのか?と聞かれたら、答えることは誰もできません。

しかし、人間がゴミを持って帰るのが面倒ということが原因で海洋生物に被害を与えてしまった事実に変わりはないのです。

今、地球は人間が住めなくなるかもしれない、という研究成果が出ており、海外で自然を再建するプロジェクトが開始されています。

プロジェクトが開始しても、それに全ての国が賛同しているわけではないので、自然の壊滅はカウントダウンが始まっている様なものです。

私たちにできることは1人1人の人間が気を付けるしかないのです。

ゴミを自然に捨てない、というコトを世界中の人間が全員で実行することがとても大切なのです。

 

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

Powered by WordPress