ウェイクボード&サーフィンのブログ

2017年4月22日

あまり知られていない波浪警報

Filed under: 未分類 — タグ: , , , — user013 @ 11:40 PM

天気が荒れていたり、台風が近づいている時に天気予報を見ていると波浪警報が発令中とよく耳にします。

大雨警報や暴風警報などは外の天気の様子を見ても警報が発令されているのが分かりますが、波浪警報と言われても分からないヒトも多いのではないでしょうか。

大雨警報や暴風警報が発令している時であれば、学生は休校になって嬉しいのですが、波浪警報では休校にはなりません。

波浪警報は、主に海の上にいる船や海の近くに住んでいるヒト、海で仕事をしているヒトにとってはとても重要なのです。

波浪警報は、荒れた天候が原因で高波が発生するのですが、その発生した高波によって船舶や海上業務に重大な災害が起きることが予想された時に発令する警報です。

波浪警報は、波に関する警報とも言えるので東日本大震災の様に地震で発生した津波の場合は波浪警報が発令するのかと聞かれたらそれは間違いです。

地震などによって発生した津波は波浪警報には該当せず、津波警報になります。

波浪警報とは、あくまでも荒れた天候によって発生する波だけです。

つまり波浪警報が出ている時は、海水浴シーズンでも海に行かない方が無難です。

海水浴シーズンに海に遊びに行く時は、必ず天気予報を見て、低気圧や台風が近づいていないかを確認しましょう。

低気圧や台風が近づいている時は、波浪警報が発令されていなくても波浪注意報が発令していることもあります。

津波の様な大きな波が来なければ大丈夫なのではないかと思われますが、波は小さくてもかなり危険なのです。

浮き輪でプカプカ浮いていた、ボートに乗って海の上を漂っているつもりが小さな波によって沖に流されているという事故は毎年の様に発生しています。

海難事故はちょっとした不注意から大惨事になってしまうので、自分でも気を付けなくてはいけません。

また海水浴でなくても、海を見に行く時でも波浪警報には注意が必要です。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

Powered by WordPress