ウェイクボード&サーフィンのブログ

2018年3月29日

海賊になって大海原に大冒険だ

Filed under: 未分類 — タグ: , , , — user013 @ 11:26 PM

海賊と言えば、日本だけでなく世界中を魅了したジョニー・デップさんが出演している『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズが有名です。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズは、ウォルト・ディズニー氏が設計に携わった最後のアトラクションである「カリブの海賊」をベースにしたファンタジー・冒険映画シリーズです。

ジョニー・デップさんが出演している『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズは、シリーズを重ねる度に日本でも海賊ブームをもたらす程の素晴らしい出来の映画と言っても過言ではありません。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの様に海賊をモチーフにしたゲーム『Sea Of Thienes』がマイクロソフトから発売されました。

『Sea Of Thienes』は、Windows10もしくはXboxOneシリーズの2機種でしか今現在は遊ぶことができないにも関わらず、世界中で驚異的な話題を集めユーザーが集中しています。

日本でも『Sea Of Thienes』をプレイしているユーザーは、Windows10、XbpxOneだけという限られたハードに関わらず非常に人気があります。

しかし『Sea Of Thienes』は、まだリリースされたばかりということもあり日本語がありません。

全て英語で、クエスト自体も英語のみとなります。

『Sea Of Thienes』は、クエストを受注してそのクエストをクリアしてお金を稼ぐことがゲームの内容となります。

クエストは3種類あって、指定されたガイコツキャプテンを倒す『討伐クエスト』、渡された暗号や謎を解明してお宝を見つける『宝探しクエスト』、指定された商品を捕獲して期限の時間までに指定された街に商品を届ける『商人クエスト』です。

この中でもプレイヤーから人気があるのは『討伐クエスト』と『お宝探しクエスト』の2種類です。

『討伐クエスト』は指定されたガイコツキャプテンを倒すだけなので短時間でクリアが可能です。

しかし難しいのが『お宝探しクエスト』です。

『お宝探しクエスト』は、地図に書かれた暗号文を解読する必要があり、日本語に対応されていないため全て英語です。

しかも、その英語でも最初は簡単にも関わらずクエストレベルが上がっていくと英語が得意にヒトでもどこに宝物があるかわからないレベルの英語なのです。

『Sea Of Thienes』はスリープ船と呼ばれる1人~2人しか乗ることができない小さい船か、3人~4人で乗る大きな船のガレオン船のどちらかで冒険をします。

1人で遊ぶこともできましが、オンラインゲームなので1人で遊んでも他のプレイヤーと遭遇することがあります。

遭遇してすれ違う程度ですむ場合もあれば攻撃されて時には争わなくてはいけません。

無論、プレイヤーは海賊なので他のプレイヤーが見つけて回収した宝箱を横取りすることができます。

船も浅瀬に乗り上げたり岩などに接触したら船体に穴が空いてしまうのでそれを修理しなくてはいけません。

修理しなかったら穴から水が入って来て、沈んでしまうこともあります。

海に出ればハリケーンや嵐とも遭遇することがあり、船体に穴が空いてなくても雨で水がたまってしまうのでかき出さなくてはいけません。

船の操縦、帆の操作、船体の修理など、やるべきことはたくさんあり、見つけたお宝や討伐したガイコツキャプテンの頭蓋骨を売ってお金を稼ぎ、見た目だけが変えれるアイテムを購入します。

『Sea Of Thienes』はリリースされたばかりなので、コンテンツも少ないですが、今後のアップデートによるコンテンツの増加、日本語化によっては日本でも大ブームが起こる可能性を秘めている海賊ゲームです。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

Powered by WordPress