ウェイクボード&サーフィンのブログ

2015年1月3日

意外にも知られていない波の怖さ

Filed under: 未分類 — タグ: , , — user013 @ 9:49 PM

あけましておめでとうございます。2015年もよろしくお願いします。

海で波の音を聞いていると心が落ち着くから海が好き、海に沈む夕日を見るのが好き、という人は意外にも多いようです。

海水浴のシーズンは例外ですが、人気のない海はない海でまた別の魅力を持っています。

海には、色々な顔があると昔から言われている位です。

人気のない海で波の音を聞きながらぼんやりと海を眺めていると、気持ちが落ち着くので落ち込んだりしている人間の気持ちを向上させてくれることもあります。

波の音が心地よく感じるのは、リズムが一定だからです。

不特定の音を聞くよりも、特定のリズムを刻む音を聞いている方が意外にも精神安定の効果が期待されます。

海の音は波の速度や波の高さ、風向きや風力によっても違ってきます。

風が強い日や台風などで天候が荒れている時は波が高く、波の音も穏やかな海とは別の顔を見せて、大きな波音を立てます。

波には、私たち人間が思っている以上に強いエネルギーと力があります。

海岸で波打ち際を歩いている時に波に足をとられて転びそうになった経験はありませんか?

波は押して引いての繰り返しをいるので、意外にも力があります。

そのため、台風などで天候が荒れている時に海に近づくことはとても危険です。

海を知り尽くしている様な仕事をしている人でも、台風が接近している時や上陸している時に海に行って波に飲み込まれてしまう事故も未だに多いです。

波は、穏やかな海でも意外に危なかったりします。

天気予報を見ていたら必ず満潮の時間を伝えていると思います。

それは、満潮になると波の高さが変わってしまうからです。

しかも、波の高さはジワジワと高くなるのではなく、突然高くなるからです。

波が高くなると、波の力に押されたり飲まれたりして危険性が強くなるからです。

また海外でも震源地が海だと大きい地震が起きてしまうと、その影響が波となって日本にやってくる可能性も充分にあります。

記憶が新しい東日本大震災では巨大な波が津波となって生じ、多くの犠牲者と被害を出しました。

津波となれば、波の様に海岸だけではなく町の中にまで入ってきます。

海に出かける時は、波に充分な注意を払って下さい。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

Powered by WordPress