ウェイクボード&サーフィンのブログ

2019年1月26日

マフラー・ストールの上手な手放し方

Filed under: 未分類 — タグ: , , — user015 @ 9:10 PM

寒い冬の季節に身に着けるのが、マフラー・ストールです。
さまざまな色柄のものがあるので、どうしても増えてしまいます。

新しい季節になると、小物類も新しくしたくなるものです。
既に持っているのに、お店で発見すると欲しくなってしまうのです。
そうして気が付いた時には、小物でいっぱいになってしまいます。

使い古しのマフラーがずっとクローゼットで眠っている方もいるはずです。
今回は、小物類を手放す方法をお伝えします。

マフラー・ストールの必要枚数とは

マフラーもストールも、防寒するための必須アイテムです。
体の熱は首から逃げてしまうので、そこを覆えば体温を保てます。
コートを着る時でも、マフラー・ストールを着け変えると印象が変わります。

スポーツを観戦するなら、大判のストールがあります。
また、デートならファーの付いたマフラーなどです。

季節で替えるとしても、秋冬・春用とで2、3枚で大丈夫なはずです。
所持しているものの中で、フリンジがくたびれていたら替え時です。

また、生地が薄くなっていたり、毛玉が増えているものも処分対象です。
流行は変わるので、加齢で似合うかどうかも迷いが出てきます。
もしまだ使えそうであっても、似合わないと感じたら処分を考えて下さい。
冬の定番アイテム

避けているもの・似てるもの

マフラーもストールも色やデザインはさまざまあります。
もし似通ったものがあるなら、1種類に絞ることが可能です。
安価で買えてお気に入りなら、デザインが似ていても持ちたくなります。

ですが、クローゼットを整理したいのであればひとつのものを使い続けてみて下さい。
リサイクルに出すことも出来ますし、他の方に譲って使ってもらう事も出来ます。

使うのを避けているものがあるなら、なぜなのかを考えてみて下さい。
長さが半端で巻きずらい、肌触りがチクチクするなど理由が出てくると思います。
これらは使いにくさがわかっているので手放し対象にします。

手放したくないなら新たな巻き方を見つけてみて下さい。
そうすれば使い続けられます。
手放したくないなら使い方に工夫を

キープするなら上着に似合う物

ストールもマフラーもジャケットやコートとの組み合わせです。
なので、アウターと合わない時はほとんど使わないものです。

マフラーのみで可愛く感じても、合わせられないものは処分対象です。
そうでなければ、手持ち無沙汰で勿体無くなります。
季節で身に着けるコートを2着持っていれば、双方に合ったものを残して下さい。

秋の季節でも、冬の時季や春になっても残せばそのぶん枚数も減らせます。
2色使いなど裏表使えるなら、用途も広がって便利に使えます。

このように、工夫次第でマフラー・ストールの使い方は広がります。
アウターの色合いに合ったものを使うようにしてみて下さい。
処分対象の物、使い続けられるものとで分けられるはずです。

減らし方に気をつける

あらかた処分対象となるアイテムは出てきたかと思います。
ただし、減らすべきでないアイテムも当然あります。

フォーマル用に使うためのファー付きストールです。

また、スノボやスキーなどにはネックウォーマーが必要となります。
使用頻度は低くとも機会があるのなら残しておいて下さい。

一年のうち一度しか使用しない場合は、レンタルという方法もあります。
もし家族の誰かや友人から借りられるなら、減少対象としてもいいです。
マフラー・ストールは安価で気兼ねすることなく購入できます。

また、福袋に入っていることもあるので増えやすいです。
しかし手袋や靴下みたいに劣化しない為処分時がわかりづらいです。
この機会に処分してみて下さい。
処分したいものとしたくないものを分ける

まとめ

マフラーもストールも、とても便利なアイテムです。
ですが、つい買い過ぎて増えやすくもなります。

その中には、処分対象となるものもあるはずです。
お気に入りのものと、処分対象のものとを分けてみて下さい。

ただし、対象とならないものもあるので注意して下さい。
誰かに譲って、新たに使ってもらうという方法もあります。

1つに絞ってみたり、リバーシブルにするのも一つの方法です。
自分なりに色々な方法で工夫してみて下さい。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

Powered by WordPress